良いプリンターを買ってオフィスの設備を充実させる

費用削減

プリンターのインク関連の経費を抑える

パソコンに接続したプリンターから、データ出力をする機会が増えました。それに伴い経費も増えています。経費は利益に直結するため、軽減するに越した事はありません。 プリンターのインクを安く導入する手段は存在しています。単純に新品を購入するよりも、かなりのコスト削減を期待できる方法です。しかしコストの代わりに背負わなければならないものがあります。それはトラブルを招くリスクです。新品の利用サービスが安定しているのは、リスクを最小限に抑えるサービスだからと言えます。 例えばインクとは経年劣化するものです。真空状態に密閉されていれば、劣化する危険性はかなり減少します。しかしそれでも危険性は存在しており、生産から時間が経過するほどリスクは増大します。

リサイクルトナーを活用する

リスクを肩代わりする商材としてメジャーなのが、再生トナーの提供サービスです。再生トナーというのは空のカートリッジに、新たなインクを補填する事で実用化する仕組みです。空のカートリッジを用意する手間や、工場やメーカーを利用しなくても済みます。それがコストを下げる要因になっているのです。 実際にサービスを活用するためには、空のカートリッジを業者に郵送する必要があります。ユーザーの発送と同時に業者から再生トナーが出荷されます。その再生トナーの発生場所は、業者の抱えている在庫です。業者の在庫はユーザーの注文数分減少しましたが、ユーザーの発送したカートリッジで補えます。ただし在庫として処理する前に、再生トナーに変える技術でインクを補填する必要があります。

Copyright© 2015 値段や使いやすさで消耗品を選び、切らさないよう調整しよう All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com